警備員への法定研修

警備業法第21条第2項は、
「警備業者は、警備員に対し、警備業務を適正に実施させるため、教育を行うとともに、必要な指導及び監督をしなければならない」
と規定し、それを受けて、警備業法施行規則第38条第1項において、警備員教育の具体的内容が定められています。

また、過去に警備員の経験がある方、資格保有者については、
「他社で最近3年間内に通算1年以上の警備員としての実務経験がある者」
であることを条件に新任研修(新任教育)の減免措置があります。

警備員の新任研修(新任教育・初任研修)

警備会社アルク1.jpg

5日間で延べ30時間の研修です。
基本教育15時間以上、業務別教育15時間以上が必要とされています。

・ ビデオ研修
・ 警備業務実施の基本原則
├ 警備業法の制定について
├ 警備業実施の基本原則について
└ 施設管理権について
・ 警備業法の適正な実施に必要な法令
├ 憲法
├ 基本的人権
├ 刑法
├ 刑事訴訟法
├ 道路交通法
└ 遺失物法
・ 警備業務対象施設における人または車両の出入管理方法
・ 巡回業務の効果的方法について
・ 警備員としてのモラル・指導及び教育の重要性
・ サービス業としての警備業
・ 警備員の求められる信頼感
・ 事故発生時における警察・消防機関への連絡
・ 応急の処置
・ 基本姿勢と礼式
・ 事故防止  など

5日間の研修とありますが、泊りがけで行うものではありません。通常、各支社および各営業所・研修所で日中(9:00〜18:00の間)におこないます。
特別、体力的に厳しい研修内容ではありません。武道の経験、格闘技や護身術のスキルは要求されません。
人前で大きな声を出すことに慣れていない人にとっては、礼式の訓練は少し抵抗があるかもしれませんが、いずれも基本的な内容ばかりです。皆さんすぐに慣れます。
緊急事態・非常事態発生時や助けを呼ぶ必要がある場合に備えて、しっかり声を出す練習をしましょう。

関連法令の講習は、座学になれていないと眠たくなってしまうかもしれませんが、警備員の仕事をやりがいのあるものとするためには必要な内容です。
後々勉強しなおしたいと思っても、同じチャンスがめぐってくることは少ないです。体調を万全にして臨んでくださいね。

現任研修(現任研修)

6ヶ月に1回の周期で行う研修です。警備業法で実施を定められた研修で、警備員としての資質の維持・向上と、お客様へ提供するサービス品質の維持・向上が目的です。
基本教育が3時間以上、業務別教育が5時間以上必要であると定められています。


また、現場の違う隊員とも親睦を深める機会でもあります。 積極的に知り合いや友達を増やしてください。 ますます仕事が楽しくなりますよ!

基本教育と業務別教育

kensyu005.jpg 基本教育(全ての警備業務に共通)
 警備業務実施の基本原則に関すること。
 警備員の資質の向上に関すること。
 警備業法その他警備業務の適正な実施に必要な法令に関すること。
 事故の発生時における警察機関への連絡その他応急の措置に関すること。
 護身用具の使用方法その他の護身の方法に関すること。

業務別教育(一号警備業務:施設警備)
 警備業務対象施設における人又は車両等の出入の管理の方法に関すること。
 巡回の方法に関すること。
 警報装置その他当該警備業務を実施するために使用する機器の使用方法に関すること。
 不審者又は不審な物件を発見した場合にとるべき措置に関すること。
 その他当該警備業務を適正に実施するため必要な知識及び技能に関すること。

kensyu006.jpg 業務別教育(二号警備業務:交通警備、雑踏警備)
 当該警備業務を適正に実施するため必要な道路交通関係法令に関すること。
 車両及び歩行者の誘導の方法に関すること。
 人又は車両の雑踏する場所における雑踏の整理の方法に関すること。
 当該警備業務を実施するために使用する各種資機材の使用方法に関すること。
 人若しくは車両の雑踏する場所又はこれらの通行に危険のある場所における負傷等の事故の発生に際してとるべき措置に関すること。
 その他当該警備業務を適正に実施するため必要な知識及び技能に関すること。

業務別教育(三号警備業務:貴重品輸送警備)
 運搬に使用する車両等の構造及び設備に関すること。
 車両等による伴走及び運搬中における周囲の見張りの方法に関すること。
 運搬に係る現金、貴金属、美術品等の積卸しに際しての警戒の方法に関すること。
 当該警備業務を実施するために使用する各種資機材の使用方法に関すること。
 運搬中における盗難等の事故の発生に際してとるべき措置に関すること。
 その他当該警備業務を適正に実施するため必要な知識及び技能に関すること。

業務別教育(四号警備業務:身辺警備)
 人の身辺における警戒に係る警戒位置その他警戒の方法に関すること。
 当該警備業務を実施するために使用する各種資機材の使用方法に関すること。
 不審者又は不審な物件を発見した場合にとるべき措置に関すること。
 人の身体に対する危害の発生を防止するためにとるべき避難等の措置に関すること。
 その他当該警備業務を適正に実施するため必要な知識及び技能に関すること。

業務別教育(機械警備業務)
 当該機械警備業務を実施するために使用する警備業務用機械装置の機能に関すること。
 警備業務用機械装置による警戒及び指令の方法に関すること。
 指令業務に従事する警備員と現場に向かう警備員との間の連絡の方法に関すること。
 基地局において盗難等の事故の発生に関する情報を受信した場合における不審者又は不審な物件の発見その他現場における事実の確認の方法に関すること。
 その他当該機械警備業務を適正に実施するため必要な知識及び技能に関すること。